ドイツ語マスター 短期間

Jリーガーのブンデスリーガ移籍のための、ドイツ語マスター最短最速攻略法


【革新的ドイツ語攻略法】10倍速ドイツ語脳育成プログラム

ドイツ語を最速・最短で効率よく実用的に攻略するための学習法


ブンデスリーガ移籍が決まったので速攻でドイツ語を何とかしたい。

この「革新的ドイツ語攻略法」なら、ゼロからの初心者が最短最速で効率よく独学でドイツ語をマスターできます。


この驚くべき学習法は「10倍速ドイツ語脳育成プログラム」と言って、日本人が中学レベルの英語の知識をもとに、日本語と英語からドイツ語にアプローチする方法です。英語に自信がなくても関係ありません。だれでも理解できる基本的な知識さえあれば良いのです。


例えばこの「10倍速ドイツ語脳育成プログラム」なら、ドイツ語をはじめて最初の20分でドイツ語の単語100語を覚えることができます。驚かれるかもしれませんが、実はこれには秘策が隠されているのです。

その驚きの「10倍速ドイツ語脳育成プログラム」とは?


 
例えば日本人Jリーガーがドイツ・ブンデスリーガ移籍するのにも最適の短期間攻略法

ドイツ語マスター最短最速攻略法 革新的ドイツ語攻略法


※当サイトより『革新的ドイツ語攻略法』を注文された場合、
特典として「初級ドイツ語なんでもメールサポート」初級ドイツ語でつまずいたらメールサポートが付きます。
あなたのドイツ語学習を加速させるために本気のメールサポートです。
カバーできる学習レベルはドイツ語検定3級、大学入試センター試験程度を目安としてください。



ミュンヘン アリアンツ・アレーナ
Allianz Arena Munchen


【革新的ドイツ語攻略法】の速習法の秘密はここにある


ドイツ語に2年もかけられない!

もしあなたがドイツ語を日本語で書かれた学習教材で一から学ぶとしたら、その教材を終えるのにどれくらいの期間がかかると思いますか?

ドイツ語の場合、早い人で1年から2年です。これは教材にもよります。
また達成できるレベルにも違いがあります。ただ2年かけても必ず習得できるものでもありません。


革新的ドイツ語攻略法 10倍速ドイツ語脳育成プログラムでは、
通常の10倍速で学習できる画期的な方法です。ドイツ語をマスターするのに要する日数は76日間です。

この画期的ドイツ語攻略法だと、
まず最初の20分でドイツ語の単語100語を覚えることができます。

えつ そんなの絶対に俺には無理!

はい、そういう疑問も当然です。でも実際にやってみると納得します。


実はドイツ語の単語には英語からある法則で変換するだけで、
そのまま使えるものがかなりあるのです。
この学習法では、それらを系統立てて学べるように工夫しています。

もしあなたがスペイン語で「兄弟」という意味の単語を知らなければ、hermanaという単語を覚えなければなりません。

また逆にスペイン語のhermanaという単語の意味が判らなければ、覚えなければなければなりません。

ドイツ語ではこの余計な作業が短縮できるのです。
英語のbrotherという単語を知っていれば、この革新的ドイツ語攻略法の10倍速ドイツ語脳育成プログラムなら、脳の中で英語⇒ドイツ語、ドイツ語⇒英語という変換作業をできるようになります。



  
日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍のため独学でできる最適の短期間攻略法 
ドイツ語マスター最短最速攻略法 革新的ドイツ語攻略法





ミュンヘン Stadt Munchen


ドイツ語の発音に関して


10倍速ドイツ語脳育成プログラム【革新的ドイツ語攻略法】

ドイツ語の発音も最短最速でマスター



発音・リスニング用の音声ファイルも付いていますが、発音に関しては

日本人にとってドイツ語の発音はとてもカンタンです。

ドイツ語を学ぶことの利点はカタカナ読みの発音でほぼ完璧なドイツ語になるということです。

これは英語で書かれたドイツ語の入門書をみると、ドイツ語の発音を英語を母国語とする人に説明するのがとて大変だと感じます、日本人ならカタカナを使い最短最速でマスターできてしまいます。


たとえばデンマークの首都コペンハーゲンの発音を例にとりましょう。
英語ではCopenhagenと綴り発音は[コゥペンヘイゲン]のようになるのですが、
これがドイツ語だとKopenhagen[コペンハーゲン]と普段われわれが発音するようでよいのです。

これは母音がアエイオウとユの音でほとんど対応できてしまうからなのです。

 
日本人Jリーガーがドイツ・ブンデスリーガ移籍するのに最適の独学学習法 
ドイツ語マスター短期間攻略法 革新的ドイツ語攻略法





ミュンヘンの街角・夕暮れ
Abendlandschaft in Munchen


ドイツを懐かしむ


ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。またドイツでは北より南のほうが寒いのです。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。 ドイツの都市で今何気なく甦ってくる場所は、やはりベルリンですね。ベルリンフィルの本拠地のフィルハーモニーホールは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。つまり壁が壊されたことで、塀の向こう側にあったポツダム広場との距離がオープンエアで統合されたのです、新たなベルリンのツェントルム(センター)へと発展しました。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車ユーロシティの中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。 ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。 ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)があります。ニュルンベルクもミュンヘンと同じバイエルン州の都市で、ワーグナーの楽劇でもおなじみの「ニュルンベルクの指環」ゼーリエ(シリーズ)でもよく知られた地名ですね。 ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。




ミュンヘンの通り Strasse in Munchnen


 

サイトマップ